イオン、英ネットスーパーと提携=ノウハウ導入、事業てこ入れ

経済・ビジネス

イオンは29日、英ネットスーパー大手のオカドグループと業務提携したと発表した。同社は人工知能(AI)やロボットを駆使した最先端の大型倉庫を構え、精緻な宅配システムも確立している。イオンはオカドのノウハウを導入して伸び悩んでいるネットスーパー事業をてこ入れし、新たな収益の柱に育てたい考え。

イオンは来年3月までにネットスーパー事業の新会社を設立。オカドの発注・配送手法を取り入れて消費者の利便性を高め、2023年には最新型の配送センターも稼働させる。これらにより、現在数百億円にとどまっているネットスーパー事業の売上高を、30年には6000億円に引き上げる計画。

東京都内で記者会見した岡田元也社長は「日本のネットスーパーの伸びしろは大きい。事業の大改革を行いたい」と語った。

提携を発表し、握手するイオンの岡田元也社長(左)と英ネットスーパー大手オカドグループのティム・スタイナー最高経営責任者=29日午後、東京都渋谷区提携を発表し、握手するイオンの岡田元也社長(左)と英ネットスーパー大手オカドグループのティム・スタイナー最高経営責任者=29日午後、東京都渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 提携・合併・買収