日印外相が会談=RCEP問題など協議

政治・外交

【ニューデリー時事】インドを訪問中の茂木敏充外相は30日、ニューデリーでインドのジャイシャンカル外相と会談した。日本や東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国などが参加予定の東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に関し、自国産業保護を理由に交渉離脱に言及したインドに対し翻意を呼び掛けたとみられる。

茂木外相は会談冒頭、12月中旬にも見込まれる安倍晋三首相の訪印を前に「2国間関係全般」について意見交換すると強調。北朝鮮による弾道ミサイル発射などについても議論したいと述べた。

30日、ニューデリーで会談し、握手する茂木敏充外相(左)とインドのジャイシャンカル外相30日、ニューデリーで会談し、握手する茂木敏充外相(左)とインドのジャイシャンカル外相

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 ASEAN インド