ACSA早期妥結を期待=戦闘機訓練へ調整―日印、初の2プラス2

政治・外交

【ニューデリー時事】インドの首都ニューデリーで30日、日印間で初の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)が実施された。共同声明で両国は、自衛隊とインド軍が食料や弾薬を相互に融通する物品役務相互提供協定(ACSA)締結に向け、「交渉の大幅な進展を歓迎」し、早期妥結に期待を示した。12月中旬にも見込まれる安倍晋三首相の訪印時の締結を目指している。

日印間では、陸海空の自衛隊とインド軍が既に共同訓練を開始、関係強化を図ってきた。会合では新たに、双方の戦闘機を用いた初の訓練の日本での実施に向けた調整を行うことで一致した。

日本からは茂木敏充外相と河野太郎防衛相、インドはジャイシャンカル外相、シン国防相が出席した。会談冒頭、河野氏が初の2プラス2実施について「安全保障面での日印関係の重要性の高まりを象徴するものだ」と評価。シン氏も「会談を通じ、2国間の防衛、安全保障協力関係をさらに強化させたい」と応じた。

30日、ニューデリーで初の日印外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)に臨む(左から)茂木敏充外相、河野太郎防衛相、インドのシン国防相、ジャイシャンカル外相30日、ニューデリーで初の日印外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)に臨む(左から)茂木敏充外相、河野太郎防衛相、インドのシン国防相、ジャイシャンカル外相

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 中国 インド 米国