新井浩文被告に懲役5年=「卑劣で悪質」求刑通り―マッサージ店女性乱暴・東京地裁

社会 文化

自宅で出張マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた元俳優新井浩文被告(40)=本名・朴慶培、韓国籍=の判決が2日、東京地裁であった。滝岡俊文裁判長は「卑劣で悪質」と非難し、求刑通り懲役5年を言い渡した。無罪を主張していた被告は即日控訴した。

滝岡裁判長は、女性の証言について、事件数日後に被害状況を記したメモなどと合致し「信用性は高い」と判断。「被告は何度も抵抗されたのに性交に及んだ。体格差もあり、暴行は女性の抵抗を著しく困難にさせるものだった」と認定し、弁護側の暴行していないとの主張を退けた。

弁護側は「被告は合意があったと誤信した」とも主張したが、判決は、女性の店が性的サービスを禁止し、被告も同意書に署名していたことなどを挙げ、「誤信は到底考え難い」と否定。「施術中という抵抗しにくい状況に付け入り、厳しい非難に値する」と批判した。

判決によると、新井被告は2018年7月1日未明、当時住んでいた東京都世田谷区のマンションで、女性に頭を押さえ付けるなどの暴行を加え、わいせつな行為をした。

新井浩文被告新井浩文被告

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 裁判 東京都