参院、バリアフリー化へ施設改修=与野党合意、中央玄関に昇降機

政治・外交

参院の与野党議員でつくるバリアフリー化推進プロジェクトチーム(PT)は2日、国会の中央玄関脇の階段に昇降機を新設するなどの施設整備案について、早期に実現を目指すことで合意した。すべての改修には約9億円が必要となる見込みで、2019年度補正予算案などへの計上を目指す。

PTが合意したのは14項目。本会議場で、大型車いすを使って議員席から演壇に行くため、取り外し可能なスロープの新設や、参院正面玄関に昇降機を設置することなど。参院分館の傍聴席も大型車いすに対応できるよう改修する。

施設整備案は与党がまとめ、各党はいずれも緊急性が高いと判断した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会