新スパコン「富岳」出荷=「京」後継、性能100倍―石川

経済・ビジネス

理化学研究所と富士通は2日、石川県かほく市の工場で製造しているスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」の出荷を開始した。6月までに約400台の計算機が、理研の計算科学研究センター(神戸市)に納入される。

富岳は、8月に約7年間の本格運用を終えたスパコン「京(けい)」の後継機として、2014年度から開発。京の100倍以上の計算能力があり、ナノテクノロジーや防災、創薬など最先端研究に活用される。

この日出荷された計算機は6台で、富士通の時田隆仁社長は「京にも勝るとも劣らない大きな貢献を成し遂げると期待している」と話した。

新スパコン「富岳」を積み、理化学研究所のある神戸市に向けて出発するトラック=2日午後、石川県かほく市新スパコン「富岳」を積み、理化学研究所のある神戸市に向けて出発するトラック=2日午後、石川県かほく市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など