三菱UFJ、スマホ決済参入へ=リクルートと新会社設立

経済・ビジネス

三菱UFJ銀行が、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済への参入を目指し、リクルートと共同出資会社を設立することが4日、分かった。スマホ決済ではIT系企業が先行しているが、同行は飲食店やホテル、美容院などの顧客基盤を持つリクルートと手を組み、加盟店や利用者を開拓する。

両社は10月に契約書を締結した。リクルートが51%、三菱UFJが49%を出資する新会社を近く設立し、2020年度上期中にサービスを始めたい考えだ。

スマホの専用アプリに自分の銀行口座からお金をチャージ(入金)し、QRコードなどを使って代金を支払う仕組み。個人間の送金にも活用できる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 新サービス 日本