「合憲」14件、「違憲状態」2件=参院選1票格差、高裁判決出そろう

政治・外交 社会

1票の格差が最大3.00倍だった7月の参院選は違憲だとして、弁護士らが選挙無効を求めた訴訟の判決で、東京高裁(村上正敏裁判長)は4日、格差を「合憲」と判断、請求を棄却した。これで二つの弁護士グループが全国の高裁・高裁支部に起こした計16件の訴訟の一審判決が出そろい、「合憲」が14件、「違憲状態」が2件となった。来年にも最高裁が統一判断を示す見通し。

一連の訴訟の焦点は、2016年参院選の最大格差3.08倍から縮小させた埼玉選挙区の定数増をどう評価するか。「違憲状態」とした高松、札幌両高裁は「弥縫(びほう)策」「(選挙制度の)仕組み自体が見直されたとは評価できない」などと非難。一方、「合憲」とした14件は「抜本的見直しとは言えないが、国会はさらなる是正を目指している」などと捉えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 裁判 社会 日本 埼玉県