五輪マラソンは午前7時スタート=コース決定、持ち越し―競歩と4日間の集中開催

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、暑さ対策のため札幌に会場を移したマラソンと競歩の日程とスタート時間を発表した。マラソンの女子を8月8日、男子を大会最終日の9日に実施し、東京での計画では午前6時としていたスタート時間を午前7時とする。

競歩は6日午後4時半から男子20キロを実施。7日は午前5時半に男子50キロ、午後4時半に女子20キロがスタートする。札幌では競歩2日、マラソン2日で計4日間の集中開催となる。

マラソンのコースについては、市中心部を1周する約20キロを前半に設定することで国際オリンピック委員会(IOC)や世界陸連と合意したが、後半部分は意見の相違があり、引き続き協議して12月中旬までに結論を出す方針となった。4日にスイス・ローザンヌで開かれたIOC理事会では、マラソンと競歩の発着点を市中心部の大通公園とすることが承認された。

観戦チケットについて組織委は、マラソンの東京開催での計画では国立競技場の入場券を販売したが、札幌では「想定しない」と表明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 日本