日韓、16日に政策対話=3年半ぶり輸出管理議論

政治・外交

【ウィーン時事】日韓両政府は5日、日本の対韓輸出管理厳格化措置をめぐる局長級の政策対話を16日に日本の経済産業省で開催すると発表した。オーストリア・ウィーンで4日開いた局長級の準備会合で合意した。政策対話実施は2016年6月以来3年半ぶり。双方の管理制度などについて議論する。

梶山弘志経産相は5日、記者団に議題に関し、「審査体制の脆弱(ぜいじゃく)性など韓国側の輸出管理制度、運用が不十分であることを想定している」と指摘。韓国側の体制が改善されれば、厳格化措置を見直す構えも示した。ただ、韓国側は対話を通じた早期撤回を強く求めている。両国の見解には隔たりがあり、協議は難航することも予想される。

輸出管理をめぐる日韓の政策対話について説明する梶山弘志経済産業相=5日午前、経産省輸出管理をめぐる日韓の政策対話について説明する梶山弘志経済産業相=5日午前、経産省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 日本 韓国