沢尻エリカ容疑者起訴=即日保釈、保証金500万円―MDMAとLSD所持

社会 文化

自宅で合成麻薬MDMAとLSDを所持したとして、東京地検は6日、麻薬取締法違反罪で、女優の沢尻エリカ容疑者(33)を起訴した。認否は明らかにしていない。弁護人は同日、東京地裁に保釈を請求し、認められた。保釈保証金は500万円で即日納付され、同容疑者は同日夜、勾留先の警視庁東京湾岸署を出た。

起訴状などによると、沢尻容疑者は11月16日、東京都目黒区の自宅で、カプセルに入ったMDMAの粉末約0.198グラムを保管。ほかにLSDを含んだ紙片約0.084グラムと液体約0.601グラムも所持したとされる。

捜査関係者によると、沢尻容疑者はMDMAとLSDについて、元交際相手でファッションデザイナーの横川直樹容疑者(38)=同法違反容疑で逮捕=から渡されたものと説明している。

沢尻容疑者は「10年以上前から違法薬物を使っていた」とも供述したが、尿から薬物使用を示す反応は出なかったという。

沢尻エリカ容疑者沢尻エリカ容疑者

横川直樹 容疑者横川直樹 容疑者

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 芸能 文化 日本