ソフトバンク、東大とAI研究=200億円投資

経済・ビジネス

通信大手ソフトバンクと東京大学は6日、人工知能(AI)の研究を共同で行うと発表した。AIに特化した研究所を来春開設する。同社は10年間で200億円を投じ、先端医療や自動運転について研究を進める方針。産学が連携して米国や中国の巨大IT企業に対抗する。

東大と海外の有力大学の専門家がAIの基礎研究を進めた上で、事業化に向けた応用研究にも取り組む。2020年春頃に基礎研究の拠点を東大、冬頃に応用分野の研究所をソフトバンク本社にそれぞれ設置する予定だ。

人工知能(AI)研究での連携を発表したソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(中央左)と東京大の五神真学長(中央右)=6日午後、東京都文京区人工知能(AI)研究での連携を発表したソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(中央左)と東京大の五神真学長(中央右)=6日午後、東京都文京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本