新幹線殺傷、男に無期懲役求刑=「身勝手で反省せず」―横浜地裁支部

社会

神奈川県内を走行する東海道新幹線の車内で昨年6月、乗客の男女3人を殺傷したとして殺人などの罪に問われた無職小島一朗被告(23)の裁判員裁判の論告求刑公判が9日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)であり、検察側は無期懲役を求刑した。

弁護側の最終弁論も同日行われ、結審。判決は18日に言い渡される。

論告で検察側は、祖母の言葉を曲解して一生刑務所に入りたいと考え、無差別殺人を計画した動機について「身勝手で到底酌量の余地がない」と指摘。殺傷の状況もむごたらしく、反省もしていないと非難した。

一方で、小島被告の成育歴や、精神鑑定で「猜疑(さいぎ)性パーソナリティー障害」と診断された点を挙げ、事件を起こした背景に同障害の可能性も否定できないと言及。「真に極刑がやむを得ないとは言い切れない」と述べた。

起訴状などによると、被告は昨年6月9日夜、新横浜―小田原間を走行する「のぞみ265号」の車内で、近くの席にいた女性2人をなたで切り付け重軽傷を負わせ、制止しようとした兵庫県尼崎市の会社員梅田耕太郎さん=当時(38)=を殺害したとされる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本 神奈川県