改憲「私の手で成し遂げる」=時来れば解散断行―「桜」全般的に見直し・首相会見

政治・外交

安倍晋三首相は9日、臨時国会閉幕を受けて首相官邸で記者会見し、憲法改正について「決してたやすい道ではないが、必ずや私の手で成し遂げたい」と述べ、2021年9月までの自民党総裁任期中の実現に強い意欲を示した。また、衆院解散・総選挙に関し、「国民の信を問うべきときが来たと考えれば、断行することにちゅうちょはない」と表明。首相主催「桜を見る会」については全般的な見直しを進めると改めて説明した。

首相は臨時国会で国民投票法改正案の審議が進まなかったことを「誠に残念だ」と振り返りつつ、改憲について「国民的関心は高まりつつある」との認識を表明。その上で「来る通常国会の憲法審査会の場で憲法改正原案の策定を加速させていきたい」と述べ、来年1月召集の通常国会で発議に向けた与野党の調整に入りたい考えを示した。

首相は「国のかたちに関わる大改革に挑戦し、新たな国造りを力強く進める。その先に憲法改正がある」とも強調した。

臨時国会が閉会し、記者会見で質問に答える安倍晋三首相=9日午後、首相官邸臨時国会が閉会し、記者会見で質問に答える安倍晋三首相=9日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 日本