深海生物ダイオウグソクムシ死ぬ=世界初の完全脱皮ならず―三重・鳥羽水族館

社会

三重県鳥羽市の鳥羽水族館は10日、飼育中の深海生物ダイオウグソクムシが死んだと発表した。今年10月には世界で5例目となる体の後半部の脱皮が確認され、前半部も脱皮すれば世界初だった。死因は不明で、同館は今後、解剖を実施する。

同館によると、ダイオウグソクムシはダンゴムシなどの仲間で、体の後半部を先に脱皮する習性がある。死んだダイオウグソクムシはメキシコ湾で採集されたオスで、2014年5月末から飼育され、体長約30センチ、体重は約1キロ。10月に後半部のみ脱皮した。

同館の担当者は「世界初の体の前半部の脱皮を期待していたので、本当に残念」と話した。

体の後半部のみ脱皮し、死んだダイオウグソクムシ=10月13日、三重県鳥羽市の鳥羽水族館(同館提供)体の後半部のみ脱皮し、死んだダイオウグソクムシ=10月13日、三重県鳥羽市の鳥羽水族館(同館提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然 社会 日本 東海 三重県