玉沢元農水相、撃たれけが=男が自首、金銭トラブルか―岩手県警

社会

玉沢徳一郎・元農林水産相(81)が10日、盛岡市の自宅付近で男に拳銃で撃たれたことが捜査関係者の話で分かった。命に別条はない。撃ったとみられる男が岩手県警盛岡東署に自首し、県警は詳しい状況を調べている。

捜査関係者によると、男は「選挙に絡む金銭トラブルがあった」という趣旨の供述をしている。

県警によると、男は同県奥州市水沢羽田町、農業高橋脩容疑者(82)。同日午後2時ごろ、実弾1発入りの回転式拳銃1丁を持って署に出頭し、銃刀法違反(加重所持)容疑で現行犯逮捕された。

同容疑者は出頭した際、「拳銃を持っている。人を撃ってけがをさせた。1人で車で来た」という趣旨を供述。拳銃には空の薬きょうが含まれており、撃った形跡があった。県警が確認したところ、玉沢氏とみられる男性がけがをし、盛岡市内の病院で治療を受けていることが分かったという。

玉沢氏は岩手県出身。早稲田大で雄弁会に所属し、大学助教授などを経て1976年に衆院初当選。防衛庁長官や農水相を歴任し、2009年に政界を引退。13年には旭日大綬章を受章した。

玉沢徳一郎 元農水相玉沢徳一郎 元農水相

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 東北 岩手県