小泉環境相、石炭政策「新たな展開なし」=今以上の行動必要とも

政治・外交

【マドリード時事】小泉進次郎環境相は11日、スペインの首都マドリードで開会中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で演説した。日本が国際的に批判を浴びている石炭火力発電に関しては「COP25までに石炭政策については新たな展開を生むには至らなかった」と述べ、当面維持する考えを示した。その一方、「私自身を含め、今以上の行動が必要と考える者が日本で増え続けている」とも強調した。

小泉環境相は、国連のグテレス事務総長が2日のCOP開幕時に、石炭火力発電への依存をやめるよう各国に呼び掛けたことに関し、「日本に向けたメッセージと受け止めている」との認識を示した。ただ、具体的な取り組みには全く触れず、石炭火力発電所の建設計画に関する環境影響評価(アセスメント)の厳格化にも言及しなかった。

COP25で演説する小泉進次郎環境相=11日、マドリードCOP25で演説する小泉進次郎環境相=11日、マドリード

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境行政(生物多様性も、統計類も) スペイン 日本