国際線客4000万人受け入れへ=25年万博にらみ改修―関空運営会社

経済・ビジネス

関西国際空港を運営する関西エアポート(大阪府泉佐野市)は12日、2025年春以降、受け入れ可能な国際線旅客を7割程度増やし、年間4000万人に引き上げる改修計画を発表した。

関空の訪日外国人(インバウンド)利用は拡大を続けており、18年度の国際線旅客は第1・2ターミナル合計で約2290万人に上った。防災対策を含め約1000億円を投じ、20年末から第1ターミナルの改修工事に着手。25年春までに駐機スポットを五つ増やすとともに、一部国内線エリアを国際線用に変更する。保安検査場では複数客の荷物を一度に検査できる「スマートレーン」を20本以上確保する。

関西エアの山谷佳之社長は記者会見で、25年の大阪・関西万博や大阪府・市が誘致を進めるカジノを含む統合型リゾート(IR)整備をにらみ、「(改修を)ぜひ間に合わせたい」と話した。

関西国際空港の改修計画を会見で説明する関西エアポートの山谷佳之社長=12日午後、大阪府泉佐野市関西国際空港の改修計画を会見で説明する関西エアポートの山谷佳之社長=12日午後、大阪府泉佐野市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本