日本の核廃絶決議案採択=26年連続、今年は軍縮に焦点―国連総会

政治・外交

【ニューヨーク時事】国連総会(193カ国)は12日、決裂の懸念が出ている来年の核拡散防止条約(NPT)再検討会議に向けて共通認識の形成を目指し、日本が提出した核兵器廃絶決議案を賛成160、反対4、棄権21の賛成多数で採択した。

英仏が賛成し、米国は棄権した。反対国は昨年と同じ中国、北朝鮮、ロシア、シリア。一方、核兵器禁止条約の批准を国連加盟国に求めるオーストリア提出の別の決議案も賛成123、反対41、棄権16で採択された。日本は反対した。

日本の核廃絶決議案採択は26年連続。今年は核不拡散や平和利用といった対立点の少ない部分の項目を削減した。一方、各国間の対立の大きい核軍縮に焦点を絞り、従来の決議案では核兵器使用に伴う破滅的な人道的結末に対する「重大な懸念」を示していたが、今年は「認識する」に表現を弱め、加盟国の合意を目指した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 中国 日本 北朝鮮 ロシア シリア