HOYA、敵対的買収提案=半導体製造装置の東芝子会社

経済・ビジネス

HOYAは13日、東芝子会社で半導体製造装置を手掛けるニューフレアテクノロジーに対し、TOB(株式公開買い付け)を条件付きで開始する用意があると発表した。東芝は現在、ニューフレアを完全子会社化するため、別の子会社を通じてTOBを実施中で、横やりを入れられた形。東芝は提案を拒否する方針だ。

HOYAは2020年4月にTOBを始め、完全子会社化を目指す。しかし、ニューフレア株式の52.4%を持つ東芝側が応じないとTOBは成立しない。東芝は13日、「われわれのTOB成立を目指す予定に変わりはない」(広報・IR室)と説明した。

HOYAは1株の買い付け価格を東芝側より1000円高い1万2900円と設定。HOYAが全株取得した場合の買収額は1477億円。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本