妻子3人殺害、元警察官に死刑=「酌量の余地ない」―福岡地裁

社会

福岡県小郡市の民家で2017年6月、妻子3人を殺害したとして殺人罪に問われた元県警巡査部長中田充被告(41)の裁判員裁判の判決が13日、福岡地裁であった。柴田寿宏裁判長は「酌量の余地はなく非常に悪質」として、求刑通り死刑を言い渡した。被告側は即日控訴した。

中田被告は「完全に冤罪(えんざい)」などと一貫して無罪を主張。被告の関与を直接示す証拠はなく、被告が犯人かどうかが最大の争点だった。

柴田裁判長は、3人が殺害された深夜から未明の時間帯に中田被告は自宅にいた一方、第三者が侵入した形跡はないと指摘。弁護側が主張する「外部からの侵入による犯行」を退けた。

さらに、中田被告の左腕からは、抵抗した際に付着したとみられる妻のDNA型が検出されたことなどから、被告による殺害を認定。首を絞める行為を3回繰り返したとして強固な殺意を認め、「生命を軽視する態度は甚だしい」と非難した。

動機については、育児や県警の昇任試験などをめぐる夫婦関係の悪化を挙げ、「鬱憤(うっぷん)を爆発させ、衝動的に犯行に及んだ」と述べた。

その上で、「現職警察官が妻子3人を殺害したという衝撃的な事件で、社会的影響も軽視できない」と指摘。「慎重に検討しても、死刑を回避すべき事情を見いだすことはできない」と判断した。

判決によると、中田被告は17年6月5日深夜から6日未明にかけ、自宅1階で妻由紀子さん=当時(38)=の首を絞めて殺害。2階寝室で小学4年の長男涼介君=同(9)=と小1の長女実優さん=同(6)=の首をひも状のもので絞め殺害した。

妻子3人殺害事件の判決後、記者会見する裁判員=13日午後、福岡市中央区(代表撮影)妻子3人殺害事件の判決後、記者会見する裁判員=13日午後、福岡市中央区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 警察・治安 日本 九州