石橋政嗣氏死去=元社会党委員長、95歳―現実路線を推進

社会 政治・外交

旧社会党で現実路線を推し進めた同党元委員長の石橋政嗣(いしばし・まさし)氏が今月、福岡市内で死去した。95歳だった。台湾生まれ。葬儀は既に済ませた。

第2次大戦後、長崎県佐世保市で進駐軍の労働に従事。全駐労佐世保支部書記長、長崎県議などを経て1955年衆院選で旧長崎2区から初当選した。連続当選12回。

外交・防衛問題の論客として頭角を現し、60年の日米安全保障条約の改定の際は、岸信介首相を徹底追及。飛鳥田一雄氏(後の委員長)らとともに旧社会党の「安保5人男」と呼ばれた。

66年、党の非武装中立路線の道筋を示した「石橋構想」を発表。書記長や副委員長を経て、83年に飛鳥田氏の後継の委員長に就いた。「自衛隊は違憲だが合法」と主張するなど現実路線にかじを切り、政権を担いうる政党への決意を示した「社会党の新宣言」をまとめた。

86年の衆参同日選の敗北を受けて委員長を引責辞任し、土井たか子氏に引き継いだ。90年の衆院選に出馬せず、政界を引退した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 社会 政党 日本 九州 福岡市 台湾