国立競技場で竣工式=安倍首相、隈氏ら出席

政治・外交 社会 スポーツ 東京2020 建築

2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる国立競技場で15日、竣工(しゅんこう)式が行われた。安倍晋三首相や東京都の小池百合子知事、設計を手掛けた建築家の隈研吾氏らが出席。壇上で首相らが大型ボタンを押すと、スタジアムの大型スクリーンに完成を祝うアスリートらの映像が流れた。

首相は「竣工に至るまでさまざまな苦労があった。令和元年に完成したスポーツの新たな拠点が、これからのスポーツの歴史を刻んでいくことを祈念する」とあいさつ。東京五輪を「日本の力を世界に発信する大会にしていく」と決意を述べた。

新しい国立競技場は、旧競技場が撤去された跡地に約1569億円を投じて建設された。地上5階、地下2階で、建築面積は旧競技場のおよそ2倍。16年12月の着工から3年で完成した。東京五輪では開閉会式、陸上などの舞台となる。

国立競技場の竣工(しゅんこう)を祝う安倍晋三首相(壇上右から5人目)や小池百合子東京都知事(同2人目)ら=15日午前、東京都新宿区国立競技場の竣工(しゅんこう)を祝う安倍晋三首相(壇上右から5人目)や小池百合子東京都知事(同2人目)ら=15日午前、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース 東京 関東 新宿区 新国立競技場 建築 隈研吾 東京五輪・パラ会場 東京五輪・パラリンピック スタジアム