日本の男女平等度、121位に後退=先進国最低、政治分野で遅れ

経済・ビジネス 政治・外交

【ロンドン時事】スイスのシンクタンク、世界経済フォーラムが17日発表した2019年の男女平等度ランキングによると、日本は153カ国の中で121位となり、前年の110位から順位を大きく下げた。先進国の中では最も低く、前年からも男女格差が拡大した。政治分野での女性進出の遅れが目立った。

安倍政権が成長戦略で女性活躍推進を掲げてから6年以上が過ぎたが、成果に乏しい状況が改めて浮き彫りとなった。

首位は11年連続でアイスランド。次いでノルウェー、フィンランド、スウェーデン、ニカラグアと続いた。米国は53位、中国は106位、韓国は108位だった。

日本に関しては、政財官界で指導的立場にある女性の割合が14.8%にとどまり、世界全体の131位だった。特に政治分野では、議会における女性議員の比率は10.1%、135位と低調だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 労働・雇用行政 経済団体