温暖化で山地の豪雪強まる=東北南部や北陸など―東北大・気象研

社会

温暖化が進むと、東北地方南部の日本海側と北陸、長野・岐阜両県北部の山地や山間部では豪雪が強まるとの予測を、東北大や気象庁気象研究所、海洋研究開発機構、名古屋大の研究チームが16日発表した。

地球全体の平均気温が産業革命前から4度上昇した場合を想定し、東北北部を除く本州と四国を対象にスーパーコンピューターで大規模な予測計算を行った成果。論文は米地球物理学連合の専門誌に掲載される。

日本海側で雪が降るのは、西高東低の冬型気圧配置となり、シベリア方面から寒気が流れ込むのが典型的なパターン。温暖化が進んでも寒気の温度上昇は小幅にとどまるため、相対的に寒気の勢力が強まって日本海への流入量が増える。温かい海水からの水蒸気が多くなって雪雲が成長し、山地にぶつかって現在より強い豪雪になるという。

地球全体の平均気温が産業革命前より4度上昇した場合、豪雪が強まると予測される地域(赤)と弱まる地域(青)を示す東北大の佐々井崇博助教=16日午後、東京都中央区地球全体の平均気温が産業革命前より4度上昇した場合、豪雪が強まると予測される地域(赤)と弱まる地域(青)を示す東北大の佐々井崇博助教=16日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象 社会