東京五輪聖火リレー第1走者はなでしこ=ルート詳細発表―日本泳法など特殊な走行も

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、来年3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)から出発する五輪聖火リレーの第1走者を、11年のサッカー女子ワールドカップ(W杯)を制した日本代表(なでしこジャパン)が務めると発表した。

組織委は、主将を務めた澤穂希さんら当時の代表21人と佐々木則夫監督の計22人が走る方向で調整している。Jヴィレッジの9番ピッチをスタートし、約200メートルの距離を一つのトーチを持って全員で走る予定。

Jヴィレッジは11年3月11日に発生した東日本大震災の際、東京電力福島第1原発事故の対応拠点となった。なでしこジャパンは震災4カ月後の女子W杯で優勝。復興を掲げる東京大会の理念にふさわしいことから第1走者に選ばれた。

聖火リレーは121日間で47都道府県の858市区町村を回る。組織委は調整中の札幌市、東京都の島しょ部などを除く各都道府県ルートの出発地と到着地を公表。五輪聖火ランナーの候補者に対し、25日以降に正式決定の通知を送る。

リレーには、通常と異なる特殊な走行手段も含まれた。大分県臼杵市と広島市平和記念公園内で行われる日本泳法によるリレーは五輪史上初。

福島県猪苗代町はスキー、沖縄県座間味村は伝統漁船のサバニ、白神山地のある青森県西目屋村はカヌーで聖火をつなぐ。鉄道では栃木県茂木町でSLと並走するほか、岩手県普代村・野田村の三陸鉄道リアス線などで実施。他にロープウエー、ケーブルカー、自転車、馬を使ったリレーも行われる。

東京五輪の聖火リレー第1走者に決まり、記者会見でトーチを手にする、なでしこジャパンのW杯優勝メンバー、岩清水梓さん(前列中央)と佐々木則夫前監督(同右から2人目)ら=17日午後、東京都中央区東京五輪の聖火リレー第1走者に決まり、記者会見でトーチを手にする、なでしこジャパンのW杯優勝メンバー、岩清水梓さん(前列中央)と佐々木則夫前監督(同右から2人目)ら=17日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの 東京五輪 なでしこジャパン 聖火リレー