「終活」支援の信託商品=単身者らの死後事務に対応―三井住友信託

経済・ビジネス

三井住友信託銀行は17日、単身者や身寄りのない人の「終活」を支援する信託商品の取り扱いを始めた。死後に必要な資金の管理と、葬儀手配や家財整理、訃報連絡など身の回りのことにトータルで対応する。

信託商品の名称は「おひとりさま信託」。口座に300万円以上の入金が必要で、この口座から葬儀費用などを支払う。同行が資金管理を、新設した一般社団法人が葬儀・埋葬、家財整理といった死後事務を行う。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス