秋元議員を任意聴取=中国企業の外為法違反―IR関連捜査・東京地検

社会 政治・外交

日本での統合型リゾート(IR)事業進出を計画していた中国企業が不正に現金を国内に持ち込んだ疑いがある事件で、東京地検特捜部がIR担当の内閣府副大臣だった秋元司衆院議員(48)=自民、東京15区=から任意で事情聴取したことが18日、関係者への取材で分かった。秋元議員は不正への関与を否定したとみられる。

関係者によると、中国企業の最高経営責任者(CEO)は2017年8月に那覇市で行われたIR関連シンポジウムで基調講演を行い、沖縄でのIR事業展開に意欲を示した。このシンポジウムには秋元議員も出席、講演しており、特捜部は秋元議員本人から、中国企業との関係について説明を求める必要があると判断したもようだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 観光 観光政策 中国