自民、料亭「復活」へ議連発足=二階氏ら各派領袖が旗振り

政治・外交

自民党の有志議員は17日、日本料理や三味線などを楽しめる料亭の良さをアピールするため、「料亭文化振興議連」を発足させた。かつての「料亭政治」は廃れ気味だが、来日外国人の増加などをにらみ、料亭の魅力を広く観光客らに発信したい考えだ。発起人には二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長らが名前を連ねた。

初会合で、議連会長の衛藤征士郎元衆院副議長は「来日する多くの外国人に日本最高のおもてなしである料亭文化に触れてもらいたい」と強調した。議連には約30人の衆参国会議員が参加し、来年1月には料亭で会合を開くことも計画している。

自民党の「料亭文化振興議連」の設立総会であいさつする衛藤征士郎氏(中央)=17日午後、東京・永田町の同党本部自民党の「料亭文化振興議連」の設立総会であいさつする衛藤征士郎氏(中央)=17日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党