常磐線不通区間で試運転=20年3月全線再開へ―福島

社会

JR東日本は18日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故により不通となっている常磐線の富岡(福島県富岡町)―浪江(同県浪江町)間(20.8キロ)で試運転を行った。2020年3月までの全線での運転再開を目指し、線路や信号機の点検などの準備を進めている。

試運転の様子は18日、福島県双葉町で報道陣に公開され、5両編成の列車が時速30キロほどで走った。同社水戸支社の堀込順一設備部長は「震災から復旧まで約9年かかったが、ようやく地元の方に喜んでいただける」と述べた。

同社によると、津波で被害を受けた線路や駅舎などの復旧工事はおおむね終了。不通区間の大半は放射線量の高い帰還困難区域だが、列車が通る場所は工事とともに除染を行った。

JR常磐線の不通区間で試運転を行い、整備中の双葉駅に停車する列車=18日午前、福島県双葉町JR常磐線の不通区間で試運転を行い、整備中の双葉駅に停車する列車=18日午前、福島県双葉町

JR常磐線の不通区間で試運転を行い、再建された橋を渡る列車=18日午前、福島県双葉町JR常磐線の不通区間で試運転を行い、再建された橋を渡る列車=18日午前、福島県双葉町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸・交通 社会 東北 福島県 東京都