元TBS記者に賠償命令=伊藤詩織さん勝訴、性暴力認定―東京地裁

社会

ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、元TBS記者山口敬之氏(53)から性的暴行を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。鈴木昭洋裁判長は「意識のない原告に合意なく性行為をした」と認め、山口氏に慰謝料など330万円の支払いを命じた。刑事手続きでは山口氏は不起訴となっており、判断が分かれた。

判決で鈴木裁判長は、伊藤さんがホテルに着いた時点で酩酊(めいてい)状態にあり、自らの意思で入室したとは言えないと認定。被害をすぐ周囲に相談し虚偽申告する動機もないなどとし、伊藤さんの主張を認めた。

山口氏は「同意があった」と反論したが、判決は「供述に不合理な変遷があり、信用性がない」と指摘。山口氏が伊藤さんの著書などで社会的信用を失ったとして賠償を求めた訴えについては「性犯罪被害者の環境改善が目的で、名誉毀損(きそん)には当たらない」とし、請求を棄却した。

訴状によると、伊藤さんは2015年4月、就職相談で山口氏と飲食中意識を失い、都内のホテルで性的暴行を受けた。

東京地検は16年7月、準強姦(ごうかん)容疑で書類送検された山口氏を嫌疑不十分で不起訴とした。検察審査会も「裁定を覆す事由がない」として、不起訴処分を相当と議決した。

都内で記者会見した伊藤さんは「勝訴で受けた傷がなくなるわけではないが、性暴力被害者の力になれたなら意味があった」と判決を評価。実名での被害告白については「心ない声につらい思いをしたこともある。被害者が訴えやすく、周りの支えがある社会になってほしい」と、声を詰まらせながら訴えた。

一方、山口氏も会見し「客観的証拠もないのに、一方的に伊藤さん側の主張だけが認められたのは納得できない」と述べ、控訴すると表明した。

性的暴行を受けたとして元TBS記者を訴えた訴訟で、判決後に「勝訴」の垂れ幕を掲げる伊藤詩織さん=18日午前、東京都千代田区性的暴行を受けたとして元TBS記者を訴えた訴訟で、判決後に「勝訴」の垂れ幕を掲げる伊藤詩織さん=18日午前、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会