新幹線殺傷、男に無期懲役=制止振り切り万歳も―横浜地裁支部

社会

神奈川県内を走行中の東海道新幹線の車内で昨年6月、乗客の男女3人を殺傷したとして殺人罪などに問われた無職小島一朗被告(23)の裁判員裁判の判決が18日、横浜地裁小田原支部であり、佐脇有紀裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。

判決で裁判長は、一生刑務所に入るため無差別殺人を決意したとする動機について、「あまりにも人の命を軽視し、自己中心的で身勝手」と非難。男性を78回も切り付けるなどして殺害した状況は残虐極まりなく反省の態度もないと指摘し、死刑か無期懲役の選択が妥当だとした。

「猜疑(さいぎ)性パーソナリティー障害」との精神鑑定結果についても、大きく考慮すべきでないとする一方、被告の年齢などを理由に、「死刑がやむを得ないとまでは言えない」と述べた。

証言台で判決を聞いた小島被告は、裁判長から控訴手続きの説明を受けると「控訴はしません。万歳三唱します」と叫び、職員らの制止を振り切って両手を挙げて万歳三唱した。被告は公判でも「永遠に刑務所にいたい」などと述べていた。

判決によると、小島被告は昨年6月9日夜、新横浜―小田原間を走行中の「のぞみ」車内で、女性2人をなたで切り付け、制止した兵庫県尼崎市の会社員梅田耕太郎さん=当時(38)=を殺害した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会