北朝鮮人権決議案を採択=日本、共同提出見送り―国連総会

政治・外交

【ニューヨーク時事】国連総会(193カ国)は18日、拉致問題を含む北朝鮮による人権侵害を非難する欧州連合(EU)提出の決議案を議場の総意(コンセンサス方式)により投票なしで採択した。同種の決議案採択は15年連続。

日本は例年、EUと決議案を共同提出してきたが、今年は提出を見送り、決議案への賛同を示す共同提案国となるにとどまった。日本人拉致問題解決を念頭に、北朝鮮を刺激しないようにしたとみられる。北朝鮮の金星国連大使は採択前の演説で「全面的に拒絶する」と反発。中ロなどはコンセンサスに加わらなかった。

日本政府関係者は共同提出見送りについて「拉致問題に関して国際社会が継続的に発信していく重要性や、現在の日朝関係を取り巻くいろいろな情勢を総合的に判断した結果」と説明していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) EU 北朝鮮