日銀、大規模緩和を維持=企業心理に弱めの動き

政治・外交

日銀は19日の金融政策決定会合で、長短金利操作を柱とした現在の大規模な金融緩和を維持することを賛成多数で決めた。国内経済については「基調としては緩やかに拡大している」との判断を維持しつつ、「自然災害などの影響から輸出・生産や企業心理面に弱めの動きが見られる」との表現を追加した。

生産については、判断を「横ばい圏内」から「足元では減少」に下方修正。公共投資は「横ばい圏内」から「緩やかに増加している」に引き上げた。個人消費は「消費税増税の影響による振れを伴いつつも緩やかに増加している」に据え置いた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融政策