高齢者に運転技能検査=合格まで免許更新認めず―限定免許導入も・警察庁会議

政治・外交 社会

高齢ドライバーの交通事故防止策について検討する警察庁の有識者会議は19日、運転免許証の更新時に運転技能検査を行い、合格するまで更新を認めない制度の導入を柱とした中間報告をまとめた。対象者は違反歴などで絞り込み、受検回数の上限は設けない方針。

安全運転サポート車(サポカー)に限定した免許の導入も盛り込んだ。同庁は、来年の通常国会に道交法改正案を提出し、成立すれば2022年をめどに施行される見通し。

運転技能検査の対象は、75歳以上か80歳以上を想定。過去3年間に信号無視や大幅なスピード超過など特定の違反歴や事故歴があり、将来的に事故を起こすリスクがより高い人に限る方向で検討している。実際、過去3年間にこれらを含む何らかの違反があった75歳以上は2割程度だという。

技能検査は、免許の更新期限内であれば何回でも受けられる。採点基準については検討中だが、信号無視などの重大な違反行為は、1回でも行えば検査をパスできなくなる可能性もある。

技能検査に合格したら認知機能検査を受け、認知症と診断されなければ、高齢者講習を経て免許証が更新される。技能検査を受けた人は、高齢者講習の実車指導が免除される。

一方、限定免許は申請すれば書き換えでき、新規の取得も可能。強制ではなく、免許返納以外の新たな選択肢として位置付ける。

対象のサポカーは、自動ブレーキなどの安全装置を搭載した車で、詳細は今後の技術の進み具合を踏まえて決める。現在のサポカーは、発進時や徐行中ではない中高速走行時にペダルを踏み間違えた場合の事故防止機能などが不十分だとして、こうした機能を要件とすることも想定される。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 法案 警察・治安 社会 運輸・交通