五輪会場で首都直下想定の訓練=東京都など650人、救助や避難確認

政治・外交 スポーツ 暮らし

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都は19日、大会の会場となる有明体操競技場(東京都江東区)で首都直下地震の発生を想定した災害対応訓練を実施した。大会組織委員会や警視庁、東京消防庁などとの合同訓練で、負傷者の救護や避難誘導の手順を確認した。

訓練は、体操の女子予選が行われる来年7月26日に、午前9時15分ごろ東京湾北部で最大震度7の地震が発生したと想定。観客役の約350人を含む計約650人が参加し、競技場内で消防隊員や警察官が安全を確保したり、負傷者を救護したりした。会場周辺の観客は近くの「有明シンボルプロムナード公園」に一時避難させ、猛暑が見込まれることから飲料水を配った。

都庁には小池百合子知事を本部長とする災害対策本部を設置。当日競技が予定されている都内20会場のうち5会場で中断、準備中の15会場で延期されることが報告された。都内は大規模火災が発生し家屋が多数倒壊している想定で、小池知事は「都民と等しく、観客、大会関係者らの安全と安心の確保に全力を挙げてください」と指示した。

首都直下型地震を想定して行われた避難訓練で、負傷者の救護に当たる東京消防庁の職員(右)=19日午前、東京都江東区の有明体操競技場首都直下型地震を想定して行われた避難訓練で、負傷者の救護に当たる東京消防庁の職員(右)=19日午前、東京都江東区の有明体操競技場

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) オリンピック一般もの スポーツ 防災政策・災害対策 暮らし 日本