札幌市内を変則3周=マラソンコースを発表―東京五輪

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、暑さ対策のため札幌に会場を移したマラソンのコースを発表した。未定だった後半部分は市内約10キロのコースを2周する。市中心部の大通公園を発着点にまず20キロを1周後、その北側半分に当たる小さいループの10キロを2周する変則的な3周コースとなった。

毎年8月に開催している北海道マラソンをベースに策定した。地元で名所のさっぽろテレビ塔を背にスタートして大通公園の一部の外周をまず2周。その後ススキノ、中島公園、北大構内、北海道庁旧本庁舎などを通って大通公園に戻り、そこから北に向かって10キロを2周する。詳細な計測はこれからだが高低差は少なく、組織委の担当者は「走りやすいコース」と説明。北大構内は樹木が多く、暑さ対策として期待できるという。

マラソンコースをめぐっては、市中心部を1周する20キロを前半に設定することが先に関係者間で合意。後半は20キロを同様にもう1周することを希望した組織委と、1周7キロを3周する案を主張する世界陸連との間で協議が続き、両者が歩み寄った形になった。周回コースを採用することで、スタッフや給水所の配置などの負担が減り、運営の効率化を図る。

マラソンは女子が8月8日、男子が大会最終日の同9日に行われ、ともに午前7時にスタートする。

東京五輪のマラソンコースについて記者会見する室伏広治大会組織委員会スポーツディレクター=19日、東京都中央区東京五輪のマラソンコースについて記者会見する室伏広治大会組織委員会スポーツディレクター=19日、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 日本