茂木氏、漁船の早期帰港を要求=共同経済活動、1月作業部会―日ロ外相会談

政治・外交

【モスクワ時事】茂木敏充外相は19日、ロシアのラブロフ外相とモスクワで会談した。茂木氏は日本漁船がロシア当局に連行されたことを受け、抗議した上で、人道的観点から乗組員の速やかな帰港を求めた。北方四島での共同経済活動に関しては、両外相は来年1月中に局長級の作業部会を開催することで一致した。

両外相は会談後、共同記者発表に臨んだ。漁船連行に関し、ラブロフ氏は「日本政府から漁民が既存の規則、法律に違反しないように必要な指導をしてもらうように求めた」と明らかにした。今後の対応については言及しなかった。

握手する茂木敏充外相(左)とロシアのラブロフ外相=19日、モスクワ(AFP時事)握手する茂木敏充外相(左)とロシアのラブロフ外相=19日、モスクワ(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 ロシア