第4版予算、300億増収=総額1兆3500億円は維持―東京五輪組織委

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、大会経費の予算計画第4版を公表した。組織委の収入はチケット売り上げの増加などで昨年12月発表の第3版から300億円増の6300億円となり、支出は6030億円。東京都の負担が5970億円、国の負担は1500億円で、経費の総額は1兆3500億円を維持した。

マラソン・競歩の札幌移転により、都が負担予定だった仮設の競歩会場設置費用30億円は組織委予算に付け替えた。マラソン移転に伴う経費は今回は計上せず、選手輸送や宿泊施設にかかる費用を今後精査し、国際オリンピック委員会(IOC)との間で分担を調整する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本 東京都