対韓輸出管理を緩和=半導体材料「レジスト」―経産省

政治・外交 経済・ビジネス

経済産業省は20日、韓国向けの輸出管理を厳格化していた半導体材料3品目のうち、レジスト(感光材)の管理措置を見直した。条件を満たした企業同士に限り、個別取引ごとに求めてきた申請手続きを改め、最長3年分を一括して申請できるようにした。企業にとっては事務手続きの緩和となる。日本政府が7月に管理を厳格化して以降、手続きを緩和するのは初めて。

レジストは半導体基板に塗る材料。経産省によると、同一企業同士による継続的な取引が輸出の多くを占める。同省は「適切な輸出の実績が積み上がったため、運用を見直した」(貿易管理部)と説明。20日から審査申請を受け付け、年明け以降に変更を認める見通し。

安倍晋三首相と文在寅韓国大統領は24日に中国四川省成都市で会談する。今回の見直しは、両国関係の改善に追い風となる可能性がある。韓国大統領府関係者は「日本政府が自発的に取ったもので、一定の進展とみることができる」と評価する一方、「根本的な解決法としては不十分だ」とさらなる対応を求めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商・貿易・対外投資 通商政策 日本 韓国