国立競技場で完成イベント=カズ、ボルト氏ら花添える

スポーツ

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場として11月に完成した国立競技場で21日、オープニングイベントが開催された。約6万人の観客が見守る中、サッカー元日本代表の三浦知良(横浜C)、ラグビー・ワールドカップ日本代表のリーチマイケル(東芝)らがピッチに足を踏み入れた。

イベントには陸上男子100、200メートルの世界記録を持つウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)、桐生祥秀(日本生命)らも登場。パラリンピック選手との混合チームでリレーを行い、新たなスタジアムの誕生に花を添えた。

国立競技場では来年1月にサッカーの天皇杯決勝、ラグビーの全国大学選手権決勝が行われる。

国立競技場のオープニングイベントで、ピッチに登場したサッカー元日本代表の三浦知良=21日夜、東京都新宿区国立競技場のオープニングイベントで、ピッチに登場したサッカー元日本代表の三浦知良=21日夜、東京都新宿区

国立競技場のオープニングイベントに登場したラグビー日本代表の(左から)中村亮土、リーチマイケル、田中史朗=21日夜、東京都新宿区国立競技場のオープニングイベントに登場したラグビー日本代表の(左から)中村亮土、リーチマイケル、田中史朗=21日夜、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本