ジンベエザメ展示構想を発表=8000トン規模の巨大水槽―茨城県

社会 文化 政治・外交

茨城県の大井川和彦知事は23日、世界最大の魚類ジンベエザメを展示する構想を正式発表した。国内最大の室内水槽となる、水量8000トン規模の巨大水槽を新たに整備する計画を表明。2022年度には展示を始める予定だ。

展示場所は「アクアワールド茨城県大洗水族館」(大洗町)で、隣接する駐車場に別館を建設し、巨大水槽を整備する。20年度に設計やジンベエザメの確保などに着手。全体事業費は130億円に上る見通しだ。

展示が始まれば、ジンベエザメが見られる東日本唯一の水族館となり、誘客促進や地域活性化が期待される。同水族館は飼育するサメの種類の多さが魅力の一つだが、県のアンケートでは、約6割の来館者がジンベエザメを展示してほしいと答えていたという。

同館には現在年間110万人以上が訪れているが、大井川氏は「(来館者数が)倍くらいにならないと意味がない」と意気込みを語った。

定例記者会見でジンベエザメ展示構想を発表する茨城県の大井川和彦知事=23日午前、同県庁定例記者会見でジンベエザメ展示構想を発表する茨城県の大井川和彦知事=23日午前、同県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽 文化 社会 観光 観光政策 日本