北朝鮮の非核化へ連携=安倍首相、香港・尖閣を提起―日中首脳

政治・外交

【北京時事】安倍晋三首相は23日、中国の習近平国家主席と北京の人民大会堂で約45分間、会談した。挑発的姿勢を強める北朝鮮情勢について、両首脳は朝鮮半島の「完全な非核化」に向けて連携し、国連安全保障理事会決議の完全な履行が重要との認識で一致した。首相は沖縄県・尖閣諸島沖への中国公船の侵入や香港情勢を提起した。

北朝鮮をめぐり、習氏は中国とロシアが提案している制裁緩和への支持を求めた。首相は、拉致問題の早期解決への支持を訴えた。

首相は、尖閣諸島周辺を含む東シナ海での中国の活動に懸念を表明。これに対し、習氏は防衛当局間の連絡メカニズムの構築などに取り組む考えを示した。

また首相は、中国で拘束された邦人の早期帰国や、日本産食品の輸入規制の早期撤廃を要請。民主派によるデモが続く香港情勢や新疆ウイグル自治区の人権問題についても提起したが、習氏は「中国の内政問題」との従来の認識を強調した。

会談を前に握手する安倍晋三首相(左)と中国の習近平国家主席=23日午後、中国・北京の人民大会堂会談を前に握手する安倍晋三首相(左)と中国の習近平国家主席=23日午後、中国・北京の人民大会堂

中国の習近平国家主席(左から2人目)と会談する安倍晋三首相(右から2人目)=23日午後、中国・北京の人民大会堂中国の習近平国家主席(左から2人目)と会談する安倍晋三首相(右から2人目)=23日午後、中国・北京の人民大会堂

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 日本 北朝鮮