ロシア、日本漁船5隻解放=罰金1100万円、根室に帰港―北海道

政治・外交 社会

北海道は24日、ロシア当局に連行された日本漁船5隻が同日午前10時ごろ解放されたと明らかにした。船長・乗員計24人の健康状態に問題はなく、5隻は同日午後、根室市の花咲港に帰港した。

タス通信によると、ロシアの裁判所は漁船の船長らに約643万ルーブル(約1130万円)の罰金の支払いを命じた。船長らは罰金を支払ったという。極東サハリン州の国境警備当局は日本漁船が操業日誌の記載を7.5トン上回る違法な漁獲を行ったと主張した。

5隻が連行されたのは17日。ロシアの国境警備当局が北方領土の歯舞群島から色丹島にかけての海域で、根室市の漁協に所属する5隻を漁獲物の検査後、国後島の古釜布に連行した。日本側は受け入れられないと申し入れていた。

道によると、漁船は当時、日ロ間の海洋操業に関する協定に基づく「安全操業」でタコ漁を行っていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 社会一般 社会 日本 ロシア