徴用工問題、対話は継続=安倍首相「解決策」要求―1年3カ月ぶり会談・日韓首脳

政治・外交

【成都(中国四川省)時事】安倍晋三首相は24日、韓国の文在寅大統領と中国四川省成都市で約45分間会談した。首相は元徴用工問題について、「韓国側の責任で解決策を示してほしい」と要求。日本政府によると、文氏は「早期に問題解決を図りたい」と述べたが、日本側が受け入れ可能な具体策は示さなかった。ただ、両首脳は外交当局間の対話を継続させることでは一致した。

両首脳の正式会談は昨年9月の国連総会の際に米ニューヨークで行われて以来、1年3カ月ぶり。元徴用工問題をめぐり両国関係が悪化してからは初めて。

韓国最高裁が昨年10月、日本企業に元徴用工への賠償を命じてから関係が悪化したことを念頭に、首相は会談で、韓国側から健全な関係に戻すきっかけをつくるよう要求。「差し押さえられている日本企業の資産が現金化される事態は避けなければならない」とも語った。

日本政府による韓国向け輸出管理をめぐり、文氏は「(厳格化する)7月以前の水準に早く戻さなければならない」と是正を要請。首相は「輸出当局間の対話で解決しよう」と応じた。

会談前、韓国の文在寅大統領(左)と握手する安倍晋三首相=24日午後、中国・四川省成都会談前、韓国の文在寅大統領(左)と握手する安倍晋三首相=24日午後、中国・四川省成都

韓国の文在寅大統領(左手前から2人目)と会談する安倍晋三首相(右手前から2人目)=24日午後、中国・四川省成都韓国の文在寅大統領(左手前から2人目)と会談する安倍晋三首相(右手前から2人目)=24日午後、中国・四川省成都

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 日本 韓国