みずほ銀とSBが情報銀行=来春、個人データで新事業

経済・ビジネス

みずほ銀行とソフトバンク(SB)が、個人から預かったデータを企業に提供する「情報銀行」サービスを2020年春にも開始することが24日、分かった。消費者の動向を知る上でビッグデータ活用が必須となる中、両社の顧客基盤から得られる膨大なデータを新事業に活用したい考えだ。

両社が共同出資する個人ローン会社「J.Score(ジェイスコア)」(東京)がサービスを手掛ける。IT業界団体の日本IT団体連盟(同)から「情報銀行」の認定を受け、25日発表する見通し。複数の金融機関などが情報銀行への参入を表明しており、データビジネスの競争は熱を帯びそうだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 新サービス 日本 東京都