秋元議員、収賄容疑で逮捕=賄賂370万円相当―IRで中国企業に便宜か・東京地検

社会

カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐり、参入を目指した中国企業から現金300万円と家族旅行費70万円相当の賄賂を受領したとして、東京地検特捜部は25日、収賄容疑でIR担当の内閣府副大臣だった自民党の衆院議員、秋元司容疑者(48)=東京15区=を逮捕した。中国企業が数百万円を不正に持ち込んだとされる外為法違反事件は、現職国会議員の汚職事件に発展した。

特捜部は秋元容疑者の認否を明らかにしていないが、接見した弁護士によると、「一切身に覚えがない」と容疑を否認しているという。同容疑者は逮捕直前、ツイッターに「私は、不正には一切関与しておりません。そのことは、引き続き主張してまいります」などと投稿していた。秋元容疑者は自民党に離党届を提出し、同日受理された。

特捜部による国会議員逮捕は2010年1月、小沢一郎元民主党代表の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で石川知裕元衆院議員を逮捕して以来。

贈賄容疑で逮捕されたのは、中国企業「500ドットコム」(本社・深セン)の日本法人元役員ジェン・シー容疑者(37)=東京都港区=と、いずれもドットコム社「顧問」の紺野昌彦(48)=那覇市=、仲里勝憲(47)=沖縄県浦添市=両容疑者。特捜部は3人の認否も明かしていない。

秋元容疑者の逮捕容疑は国土交通兼内閣府副大臣だった17年9月下旬、IR事業参入で有利な取り計らいを受けたいとの趣旨で、ドットコム社側から都内で現金300万円を受領。18年2月中旬には妻子と共に北海道旅行の招待を受け、航空運賃や宿泊代など約70万円相当の供与を受けた疑い。

関係者によると、ドットコム社は中国でオンラインくじ事業などを手掛け、17年7月、都内に日本法人を設立。秋元容疑者は翌月、ドットコム社トップと共に那覇市のIR関連シンポジウムで講演したが、シンポは紺野、仲里両容疑者が中心となって開催されていた。また、秋元容疑者が家族での北海道旅行に招かれる直前の18年1月、ドットコム社側は北海道留寿都村でのIR事業を計画した観光会社(札幌市)に出資の意向を示していたという。

秋元司衆院議員
秋元司衆院議員

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 中国 日本 東京都