在庫過大評価の疑い=第三者委で調査―JDI

経済・ビジネス

経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は24日、不適切な会計処理の有無を調べる第三者委員会を設置すると発表した。過去の複数年度にわたり、液晶パネル製品の在庫を累計で100億円程度、過大に評価していた疑いが判明したため。社外委員のみで構成する第三者委を設け、詳しい調査を委ねる。

調査の終了時期は未定だが、2019年4~12月期連結決算を発表する20年2月13日までに終わらない場合、決算発表日を延期するという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 財務 日本