習氏国賓来日へ連携=「新時代」へ決意―日中首相

政治・外交

【成都時事】安倍晋三首相は25日、中国の李克強首相と四川省成都市郊外で会談した。来春に予定される習近平国家主席の国賓としての来日に向け、意思疎通を継続する方針を確認。「日中新時代」を切り開く決意を共有した。

安倍首相は「日中関係は順調に改善している」と指摘。「来春の習主席の国賓訪日の成功に向け、大局的で忌憚(きたん)のない意見交換をしたい」と呼び掛けた。李首相も「両国関係が健全かつ安定的に発展し、指導者同士の往来のため、良好な雰囲気を醸成することを希望する」と述べた。

会談は成都市郊外の景勝地・青城山のホテルで約50分行われた。安倍首相は「東シナ海の安定なくして真の日中関係の改善はない」と述べ、沖縄県・尖閣諸島周辺海域での中国の活動に懸念を伝えた。日本産食品に対する輸入規制の早期撤廃も要請。香港情勢については、日本側の立場を説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国 日本