九電、石炭輸送にLNG燃料船=環境負荷を低減

経済・ビジネス

九州電力は25日、火力発電用の石炭輸送に環境負荷の小さい液化天然ガス(LNG)を燃料とする運搬船を利用すると発表した。日本郵船と商船三井が運航する。

2社がそれぞれ専用船を発注し、2023年から就航させる。九電が使う石炭の2~3割を運搬する。燃料を重油からLNGに切り替えることで、二酸化炭素の排出量は3割減り、硫黄酸化物はほぼゼロになる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・リサイクル 日本